TOP 弘前大学への留学 外国人留学生の区分 外国人留学生の区分

弘前大学への留学

外国人留学生の区分

外国人留学生の区分

外国人留学生の区分

奨学金による区分

○国費外国人留学生
日本政府(文部科学省)奨学金により日本の大学等において,学習,研究を行います。

○私費外国人留学生
1)外国政府派遣留学生
外国政府が経費を負担し,自国の人材養成のために派遣され,文部科学省を通じて本学に受け入れます。

マレイシア政府派遣留学生
中国赴日本国留学生留学生
インドネシア政府派遣留学生

2)私費外国人留学生
外国政府派遣留学生以外の私費留学生をいいます。なかには都道府県や各種団体からの奨学金の支給を受けている人もいます。

在籍身分による区分

○学部学生
日本国籍を有しない者で,外国において学校教育における12年課程を修了した者等
日本国際教育協会の実施する日本留学試験を受験した上で,本学の入学試験を受けることになります。
4年以上在学し,所定の単位を修得すると,学士の学位を与えられます。

○大学院学生
大学を卒業した者,または外国において学校教育における16年の課程を修了した者等
国費・私費学生とも本学の入学試験を受けなければなりません。
2年以上在学し,所定の単位を修得すると,修士の学位が与えられます。

○研究生
学部研究生
大学を卒業した者,または外国において学校教育における16年の課程を修了した者等

大学院研究生
大学院を修了し修士の学位を有する者等
選考は書類により行います。
研究指導教官のもとで1年間研究します。研究テーマに関連のある授業の聴講はできますが,単位の取得はできません。期間の延長を希望する場合は,研究科委員会が認めたとき延長することができます。

○聴講生
学部聴講生  高等学校を卒業した者等
大学院聴講生 大学を卒業した者等
選考は書類により行います。
1週間につき10時間以上(7科目)聴講しなければなりません。聴講期間は6ヶ月間または1年間で,さらに延長することもできます。

○科目等履修生
学部科目等履修生  高等学校を卒業した者等
選考は書類により行います。
1週間につき10時間以上(7科目)聴講しなければなりません。試験を受けて合格した科目は,単位の認定をします。

大学院科目等履修生  大学を卒業した者等
選考は書類により行います。
1週間につき10時間以上(7科目)聴講しなければなりません。試験を受けて合格した科目は,単位の認定をします。

○特別聴講学生
他の大学に在籍中の者
大学間の協議に基づいて受け入れる学生

選考は書類により行います。
1週間につき10時間以上(7科目)聴講しなければなりません。試験を受けて合格した科目は,単位の認定をします。

危機管理情報 Student's voice(動画集) 弘前大学概要(英文) Facebook