【留学だより】理工学部1年 及川 沙也伽さん

私は高雄大学に留学中の及川沙也伽です。
 高雄は台湾の南部にあり、台湾で第2の都市と言われています。朝市や夜市が多く、とても賑やかな街です。若者向けのインスタ映えするようなオシャレなカフェやレストランなども最近増えてきているそうです。高雄は1年中暖かく、色々なフルーツをいつでも食べることができます。4月から10月頃までは半袖で生活でき、11月頃から徐々に涼しくなっていったように感じます。留学した当初はその暑さに驚きました。また、台湾では日本の商品や韓国の商品がどこのお店にもあり、看板や広告などでよく日本語を目にします。
 高雄大学は9月から新年度が始まります。また5つの学部があり、学校の面積がとても広いです。そのため、学部間の移動は自転車ですることが多いです。高雄大学の学生は、真面目で自主性が強い印象を受けました。そして、先生と生徒の距離が近く、とても学びやすい環境だと思います。日本に興味がある、日本が好きだと言う人がほとんどなので友達もすぐにできました。
 大学の授業の他に語学センターの中国語の授業を履修することができます。この授業は自分の語学レベルに応じた授業をしてくれるので、全く中国語を勉強していない人でも分かりやすく1から中国語を学べて安心です。
 大学の周りは治安が良く、大型スーパーやレストランなどがあり住みやすいです。交通費や食費が安く、学生に優しい街だと思います。台湾のご飯は本当にどれも美味しいものばかりで、飽きません。そして安いです。
 ただ、台湾での生活は良いことばかりではなく困ることもあります。先ほどのご飯に関しては、台湾の南部ではお店などにおいてあるお茶が甘いものばかりです。また、油っぽい料理が日本より多いように感じます。ですが、とても美味しいのでついつい食べ過ぎて太ります…。
 台湾留学では中国語の勉強だけではなく、旅行で台湾を訪れるだけでは分からない現地の人の暮らしや文化なども学べます。さらに、色々な国の人と交流する機会が多いので英語も学びやすい環境だと思います。私は留学をして、文化の違いや今まで当たり前だと思っていたことが当たり前ではないことを知りました。残りの留学期間も、実りのある留学にするために頑張りたいです。