TOP 弘前大学から海外への留学 HIROSAKIはやぶさカレッジ HIROSAKIはやぶさカレッジ

弘前大学から海外への留学

HIROSAKIはやぶさカレッジ

HIROSAKIはやぶさカレッジ

1.HIROSAKIはやぶさカレッジとは

 「HIROSAKIはやぶさカレッジ」は、本学の学部1年生以上を対象とした、国際化が進む社会で活躍できる力を育成するための教育プログラムです。
 夏休み期間に海外研修を実施し、カレッジの最後に各自の課題に従った修了報告を行います。
 はやぶさカレッジに関する相談は国際連携本部サポートオフィスおよびイングリッシュ・ラウンジで受け付けています。

・第10期の説明会動画と資料は、Microsoft Teamsからご覧ください。チームコード:fgvlsz1

 

2.応募(申請書類)

 「HIROSAKI はやぶさカレッジ」の募集を開始します【令和4年度(第10期)】

 「HIROSAKIはやぶさカレッジ」への応募を希望する学生は,募集案内を確認し履修相談の上,期限までに「応募用紙」を提出してください。

 履修相談は長尾先生(kazuko.nagao@hirosaki-u.ac.jp)、髙橋先生(takahashichiyoe@hirosaki-u.ac.jp)まで。

【提出期間】9月30日(金)まで

【国際連携本部受付時間】平日9時~12時,13時~17時

【提出先】PDFファイルを「jm3114@hirosaki-u.ac.jp」に提出。国際連携本部サポートオフィス(総合教育棟2階)への直接も可。

 募集案内・応募書類

はやぶさカレッジ第10期募集案内

はやぶさ応募用紙

選択必須科目

3.選考

詳細が決まり次第お知らせします。

4.よくある質問

Q1. 英検の成績は反映されますか?
A1. 英検の成績は参考程度にし,可能な限りTOEICかTOEFLの受験をお願いしています。TOEIC・TOEFLの受験が難しい場合は、英検のスコアや入学時の英語のスコア等、英語の熟達度に関する情報を集めて判断することになります。申請に際し不公平が出ないように判断いたします。また、弘前大学ではTOEIC受験料の支援を行っています。

  ■令和4年度TOEIC受験料の支援について 
  

Q2. TOEICとTOEFLどちらを受験したらよいですか?
A2. TOEFLを基準に成績を換算できますので、受験しやすい方を選択して問題ありません。広く受験してみて成績の良い結果を提出してみるのも一つの方法かもしれません。

TOEIC, TOEFLの情報

Q3. 選択必須科目(多文化環境での共生力,異文化理解などに関する科目)はどのようなものですか?
A3. 1年次後期に1科目、2年次前期に1科目を以下の中から選択してください。
    教養教育科目:英語、ローカル科目、グローバル科目(1科目は必須)、多元的地域志向科目(※上記、「選択必須科目」を参照ください。)

Q4. 選択必須科目の表「科目群」英語の四つは教養教育科目のどの授業に当たりますか
A4. 別表にあります科目群英語の4つ(=Academic English) については令和5年度からの提供です。令和4年度ではIntegrated A~Cの2年生から履修することができる科目を指します。
令和4度後期からお取りになるのであれば、英語科目から選ぶのはIntegrated Bの科目になります。

Q5. 選択必須科目の表「授業科目」の中の選択肢は、その名がついている授業であればどの授業でも選択可能ですか?
A5. その名がついている授業であればどの授業でも選択可能です。

Q6. はやぶさに選考された後、2年次に受講するELセミナーⅠ、Ⅱの授業内容はどのようなものですか?
A6. イングリッシュラウンジのスケジュールに沿って受講してください。学期によって内容が変更することがあります。令和3年度からは、対面+メディアのハイブリッド授業も計画中です。